検定一発合格者が語る、日本語教育能力検定試験 合格法と試験内容

|  ホーム  |  サイトマップ (xml)  |  

日本語教師能力検定試験とは?

日本語教師能力検定試験とは、「日本語教育能力検定試験 実施要項」によると、 「日本語教員となるために学習している者,日本語教員として教育に携わっている者等を対象として,その知識および能力が日本語教育の専門家として必要とされる基礎的水準に達しているかどうかを検定することを目的とする。」試験です。

少し難しいですね。

簡単に言うと、「外国人に日本語を教える教師として、基礎的な知識を持っているか」を検定する試験です。
この試験に合格しているかどうかで、日本語教師して仕事を探す際に非常に有利に働きます。

日本語学校などの日本語教育機関で働くほとんどの場合、
この「日本語教育能力検定試験を合格しているか」又は
「日本語教師の日本語教師養成講座420時間コースの修了者」
「大学で日本語の主専攻または副専攻」
の資格等が求められることがほとんどです。

詳細は「日本語教師になるためには絶対に必要?」をご覧ください。

↑ ホームへ戻る