検定一発合格者が語る、日本語教育能力検定試験 合格法と試験内容

|  ホーム  |  サイトマップ (xml)  |  

日本語教師になるためには絶対に必要?

日本語教育能力検定試験は必ず必要な資格なの?

日本語教師になるために、この資格が絶対に必要かどうかと言うと、答えは「NO」です。 絶対に必要というわけではありませんが、この日本語教育能力検定試験を持っていることで非常に有利に働きます。

詳細を説明する前に、まずは日本語教師として働くには、どのような資格が必要かどうかといったことからご説明しましょう。

極論で言うと、日本語教師に資格は必要ありません。極端な話、日本語を教えていれば、日本語教師と言えますし、誰もが教えることができます。

しかし、実際はもちろん、日本語学校などでプロとして日本語教師になるためには主に求人等で求められるのは下記の3つの資格や課程です。

<1> 日本語教師の日本語教師養成講座420時間コースの修了の有無
<2> 日本語教育能力検定試験合格者
<3> 大学・大学院にて日本語教育を主専攻または副専攻した方

※求人欄などには、「上記のいずれか」と記載されていることがほとんどです。 但し、求人案件等によって、求められる能力は異なります。

実際に求められるものとは?求人の採用条件をみてみよう。

実際に求人の採用条件を見てみると、とてもわかりやすいですね。420時間コース修了や検定合格以外にも求められることも参考になるかもしれません。

下記のサイトは、日本語教師の求人が多数掲載されているサイトです。実際に、下記のサイトを見るとよくわかります。各求人欄の「採用条件」をランダムに抜き出してみました。ご参考ください。

国際日本語研修協会ホームページ内「日本語教師国内就職情報」より採用条件のみ抜粋

・420時間以上修了、または大学で日本語教育を主専攻
・日本語学校等で教えた経験が2年以上
検定試験合格
・大卒以上 
・養成講座420時間修了、検定合格、または大学で日本語教育主・副専攻
・35歳以下 未経験者可
・2007年10月から勤務できる方
日本語教師有資格者
・専任はできれば2007年3月に4年制大学を卒業した方 
・経験は問いません。
大卒(主専攻・副専攻)及び420時間以上修了者で6ヶ月以上の経験者
・四年制大学卒業以上 420時間相当修了者
・未経験者可 経験者優遇(特に中・上級指導経験者歓迎)
・情熱をもって指導くださる方
・4大卒以上 検定合格者または養成講座420時間修了者
・英語力(学習者の要望が理解できる程度)
・ビジネスマン・外交官、およびそのご家族の日本語教育に対する熱意のある方
・四大卒で養成講座(420時間)修了、検定合格、日本語主専攻のいずれか
・日本語教育振興協会の定める日本語教員資格をお持ちの方
・420時間修了 資格試験合格者 1年以上経験ある方
・英語又は他の言語会話能力ある方
以下の条件に全て該当し
・年齢22歳〜35歳ぐらい
・英語でコミュニケーションが取れる
・採用後一ヶ月以内に勤務可能
かつ、以下の条件のどれか一つ以上に該当する方
・大卒以上で養成講座420時間以上修了した方
・大学・大学院で日本語教育を主専攻または副専攻した方
・大卒以上で検定試験に合格した方
・420時間修了者 経験2年以上
・英語でのコミュニケーションが少しはできる方
検定合格者尚可
・四大卒以上。
・主専攻または副専攻、検定合格者、420時間修了者、経験者
・のいづれかに該当する方。
日本語教師としての資格を有する方
・未経験者可
日本語教員の資格と経験を有する方
・十分な気力と体力を有する方
・日中交流に関心があり情熱を持って教育に打ち込んでくださる方
・現在、東京近郊に在住している方
・大卒以上
検定合格または大学で日本語教育主専攻もしくは副専攻
・中国語がある程度できる方
・原則として経験3年以上(プライベートは除く)で
・420時間以上受講者か検定合格者 年齢55歳まで
・420時間修了者。日本語教授歴1年以上(必須)
検定合格者、ビジネス経験のある方、
・ビジネス日本語教授経験のある方、
・英語堪能な方(英語に限らず語学ができる方)尚可
・日本語講師としての経験2年以上。
・プロ意識を持った方。
・四大卒 日本国内で1年以上の経験のある方
・有資格者(検定合格者なお可)
・大卒(主専攻・副専攻)及び養成講座420時間以上修了者
以下2件のうち、いずれかの条件を満たしている事。
・1.420時間以上の養成修了者 2.検定合格者
*1、2共にボランティアを含む1年以上の日本語レッスン経験
・大卒以上の経験者 検定合格等有資格者
・経験者
・2007年10月から週通し2日入れる方
・大卒以上、検定合格者又は養成講座420時間修了者
・経験者尚可
有資格者 40歳以下の方

日本語教師養成講座420時間コースとは?

主に求められる3つの資格・課程のうちの「日本語教師養成講座420時間コース」があります。おそらく、現場で働いている日本語教師のうち、大半がこの日本語教師養成講座の出身者でしょう。実は私自身もそうです。

日本語教師養成講座420時間コースを受講し、そこで試験の知識も習得して、日本語教育能力検定試験にも合格しました。

上記の「採用条件」で、「養成講座420時間修了」という言葉が頻繁に出てきましたが、これが「日本語教師養成講座420時間コース」のことです。

大学で専攻、副専攻で日本語教育を専攻していなかった人の場合、ほとんどの方がこの「日本語教師養成講座420時間コース」を受講しています。

この日本語教師養成講座とは、文化庁が示した方針に沿った養成講座のことで、この講座を受講すれば、「日本語教師の有資格者」として認められます。

上記の「採用条件」を見てもおわかりいただけるように、日本語教師として働く際に、非常に有利となります。

検定試験と養成講座修了、どっちがいいの?

検定試験合格とと養成講座の修了とどちらがいいかと言いますと、もちろんどちらも持っていることに越したことはありません。

特に未経験者であれば、尚更です。

ただ、もしどちらか一方となると、「日本語教師養成講座420時間コース」の方が求められる傾向にあります。

なぜならば、日本語教育能力検定試験は、ペーパーです。近年の試験傾向として、できるだけ暗記ではない試験問題を心がけているようですが、ペーパー試験の勉強で、実際の教え方についての合否をはかるのは難しいでしょう。

採用側から見れば、両者は
・日本語教育能力検定試験合格者 → 試験に合格して、基礎知識のある人
・日本語教師養成講座420時間コース修了者 → 実際の教え方を養成講座で習った人
ということです。

実際、私自身を置き換えたときも、養成講座420時間コースの演習の授業がその後も非常に役立っており、もし、私自身、養成講座を一切受けず、日本語教育能力検定試験の合格のみであれば、知識は基礎レベルはあるものの、実際に教えるとなったら、非常に大変であったと思います。

恐らく、就職活動をする際は、採用者側も同じであると思います。

もちろん、採用側で知識を重視するところもありますが、全体的な傾向として、「日本語教師養成講座420時間コース」を重視する傾向にあるようです。

↑ ホームへ戻る