検定一発合格者が語る、日本語教育能力検定試験 合格法と試験内容

|  ホーム  |  サイトマップ (xml)  |  

日本語教育能力検定試験 試験会場

日本語教育能力検定試験の試験会場ですが、平成19年度の場合、「札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡」です。

ですので、例えば鹿児島にお住まいの方は、一番近い福岡まで出てこなければならないということですね。

沖縄の方も、少し大変ですね。

※一応、試験会場は年々増えているようです。昭和62年度などはまだ1会場のみだったようです。

ちなみに、私は東京会場の青山学院大学でした。私が試験を受けたときはまだ試験実施が現在の10月ではなく、1月でした。念のため、カイロをたくさん持っていったことを覚えています。

確か、そんなに室温がおかしいということもありませんでしたが、会場によっては、「寒い」「暑すぎる」ということがあるかもしれません。

試験に集中しやすいように、すぐに羽織ることができるものや逆に上着も数枚羽織るときは、すぐに脱ぎやすいものを着るように気をつけましょう。

※最新の情報:日本語教育能力検定試験(公式サイト)

↑ ホームへ戻る