検定一発合格者が語る、日本語教育能力検定試験 合格法と試験内容

|  ホーム  |  サイトマップ (xml)  |  

海外で教える

「海外で日本語教師をしたい!」という方は多いのではないでしょうか? 世界各地で、日本語の学習者は増えていると言われています。

しかし、基本的にはアジアでの仕事は比較的見つけやすいようですが、欧米での仕事は特にお給料をちゃんともうら身として働くのは非常に厳しいです。

※インターンシップといった自分がお金を払う形式で、オーストラリアやアメリカで日本語を教えるプログラムはたくさんあります。

しかし、そんな状況下でしっかりと夢をつかんでいる方もいらっしゃいますので、無理ではないと思います。

私の知人でも、未経験で比較的有名な機関から派遣されて、台湾へ行った友人もいました(養成講座420時間修了・検定合格者・社会人経験あり)

但し、簡単ではないということも認識しておいてください。

↑ ホームへ戻る