検定一発合格者が語る、日本語教育能力検定試験 合格法と試験内容

|  ホーム  |  サイトマップ (xml)  |  

社会人に教える

企業で働く社会人を対象としたクラスで教えるケースです。日本の英会話学校のように、社会人の人が通うタイプのスクールもありますし、またよく見受けられるのがその企業まで出張でプライベート、または比較的人数などで教えるパターンです。

私の友人は、企業まで出向く出張タイプの形式で教えている人も多かったです。

やはり、社会人を教える場合、重宝するのが、社会人経験です。日本の会社はこんな風習があるとか、こういう風に考えられている、日本でのビジネスの習慣など。

これは社会人を経験していない人には伝えづらいものがあります。もちろん、知識で補える部分もありますが、実際に日本での社会人経験を経験した人のみが伝えられるものもあります。

そういった意味でも、現在大学生で卒業後、日本語教師になるか一般の企業に入るか迷っている方には個人的には一般の企業に入ることをおすすめします。

特に、「絶対に日本語教師しか考えられない」という情熱の持ち主であるなら、卒業後、すぐ日本語教師になることもよいかと思いますが、ましては迷っているようであれば、企業での社会人経験は、一社会人として重要だと思いますし、逆に年を取ってから、一般企業に就職するのは難しいです。日本語教師は何歳からでも始められます。

↑ ホームへ戻る