検定一発合格者が語る、日本語教育能力検定試験 合格法と試験内容

|  ホーム  |  サイトマップ (xml)  |  

相手を尊重する心 - 試験よりも大切なこと

「尊重する」ということ・・
とてもよく聞くことがですが、本当に深い意味がありますよね。

相手を尊重する。
相手の国を尊重する。
相手の言うことを尊重する。
相手の気持ちを尊重する。

大きな意味でも、また授業ベースでも、残念ながら、相手を尊重しない教師がいるのも少なからず事実です。生徒が間違ったときの対応や必須で答えを導き出したとき、またさまざまな国からさまざまなバックグラウンドを持った日本語学習者を相手に、大きな意味で相手を尊重することができる人が、一番求められる人材像ではないかと思います。

特に人と人、国と国の架け橋となる日本語教師だからこそ、人とのコミュニケーションで一番大切なことが求められるのです。

↑ ホームへ戻る